×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヨナッシュ・メソッドってどんな方法?

不妊治療や生み分けについて調べていたら、今、注目されている受胎法、ヨナッシュ・メソッドに出会いました。
ヨナッシュ・メソッドとは、薬を使用したり医学的な処置をしたりしないで、科学的で高度な受胎法です。 これまでさまざまな臨床実験が行なわれ、不妊の克服や赤ちゃんの男女の産み分けなどが、かなりの確率で可能だということを知りました。

ヨナッシュ・メソッドは、ヨーロッパを中心として広く普及し、発見されてからの47年間で、全世界の女性100万人以上に使用されてきたそうです。 現在では、イギリスで科学者たちのグループによって研究が進められており、メディアからの関心も多数寄せられています。
ヨナッシュ・メソッドは、日本の育児雑誌でも取り上げられて、日本でも普及してきています。

この方法は、ヨナッシュ・カレンダーというあなた専用のカレンダーに従っていきます。
ヨナッシュ・カレンダーによって、早産による未熟児や流産というリスクを減少させ、おなかの中で充分育った健康な赤ちゃんを授かる最良日を知ることができるのです。
img77995.jpgこのカレンダーは、あなたの誕生日や出生時間、出生場所などの個人情報をもとに、オーストラリアの国際ジョナスセンターで作成されます。

そして、届けられたカレンダーには、申し込んだ内容に応じて、妊娠する確率の高い時期、元気な赤ちゃんが受精する時期、赤ちゃんの性別が決まる日、などがはっきりと分かりやすく印されています。
ですから、そのカレンダーを見ながら避妊したり、性交する日を決めたりするだけなので、とても簡単です。

ヨナッシュ・カレンダーの価格は、「男女の産み分け」は、入会金の20,000円を含めて60,900円です。 「不妊と産み分けと健康な赤ちゃん」だと、105,000円となります。
決して安いものではありませんが、利用された方の報告を聞きますと、驚きの結果が出ているようです。

ご興味のある方は、まず資料請求をしてご検討なさっては如何でしょうか。

スポンサードリンク

女の子ならピンクゼリー

AN189_L.jpg

単に産み分けの方法を知りたい、特に女の子を妊娠したい方に有効なのが「ピンクゼリー」を使う方法です。 ピンクゼリーとは、イギリスで開発されたゼリーで、女の子を生みやすくする状態にしてくれるゼリーです。 ピンクゼリーを性交前に使用すると、子宮頸管や膣の中が酸性の状態になり、女の子をつくるX精子にとって有利な状態になり、女の子が生まれやすくなるというわけです。
ピンクゼリーを使用して産み分けが成功する確率は、約80%の確率だと言われています。

ピンクゼリーの使い方に関しては、産婦人科によって指導内容が多少違ってきますが、一般的には排卵日の2日くらい前に使用します。 排卵日の2日前に使用するのは、女の子を妊娠しやすい時期に性交をすることで、より効果的に女の子を産み分けるためです。

ピンクゼリーの使用方法は、まず注射器にピンクゼリーを5〜7ml取ってください。
ピンクゼリーが固まっている場合もあるので、使用前にコップに熱湯を入れて、ゼリーを容器ごと3、4分付けて溶かしてください。
そして、ピンクゼリーの温度を確かめたら、なるべく膣の奥のほうに注入します。
それから、注入したゼリーが戻ってこないように、高い位置に腰を上げたまま5分ほど待ってください。 5分経過したら、その後性交をしてください。

ピンクゼリーは、「SS(Sex Selection)研究会」に加盟している産婦人科で入手するのが良いでしょう。
また、産婦人科が通信販売を行なっている場合もあるので、それを利用してみるのも良いでしょう。

男の子ならグリーンゼリー

AN178_L.jpg

男の子を妊娠するのに有効なアイテムのひとつとして、「グリーンゼリー」があります。
グリーンゼリーとは、イギリスで開発された男の子を妊娠するためのゼリーです。
グリーンゼリーを性交前に使用することで、膣をアルカリ性に近づけ、男の子をつくるY精子にとって有利な状態にします。
そして、男の子を妊娠しやすい状態をつくり上げるのです。
グリーンゼリーを使用して、男の子を妊娠する確率は、だいたい80%くらいと言われています。

グリーンゼリーの使い方は、産婦人科によって指導内容が多少異なる場合もあるようですが、一般的には排卵日の1日前〜1日後に使用します。
これは、グリーンゼリーの効果を高めることと、男の子を妊娠しやすい時期に性交をすることで、男の子を産み分ける確率をさらに向上させるためです。

グリーンゼリーの使用方法は、ほぼピンクゼリーと同じです。
まず注射器にグリーンゼリーを5〜7ml取ります。
ゼリーが固まっている場合は、コップに熱湯を入れて、その中にゼリーを容器ごと3、4分付けて溶かしてください。 そして、グリーンゼリーの温度を確認してから、できるだけ膣の奥に注射器で注入します。 腰を高い位置に上げて、グリーンゼリーが外に出てこないようにして、その状態で5分ほど待ちます。 そして、その後性交をします。

グリーンゼリーの入手方法は、ネットオークションなどでも簡単に手に入りますが、産婦人科に行って相談してから買った方が良いです。
産婦人科によっては、グリーンゼリーを通信販売しているところもあるので、それを利用するのも良いでしょう。








Copyright © 2007 産み分けはヨナッシュ・メソッドか、ピンクゼリー、グリーンゼリーか